Archive for March 2007

25 March

目から入る情報量は、

14

膨大であろうから、人は無意識のうちにその膨大な情報量を脳みそで、ある程度取捨選択しているのは、確かだろう。
(科学的・生理学的なことはよくわからんが)

「写真」になったとき、いかに自分たちが「実は何も見ていない」ということに気付かされることがある。

その辺は、面白いなぁー。


10:17:52 | nokuto | 1 comment | TrackBacks

20 March

WS終了。

13

26日が最終日なのだが、都合がつかず昨日が最終日となった。

かれこれもう2年くらいだろうか。
展もできず、在籍ばかり長い「留年生」状態。

でも、案外とこの「留年生」が好きなんだよなぁー(笑)。

さて、留年生はどこへむかうのか?


10:12:10 | nokuto | 4 comments | TrackBacks

13 March

「何かを伝える」

12

という役割なり役目、あるいはメディアとしての特性は、とうに映像やネットにとって代わられた写真は、どこへ向かうのか。

むしろ「何も伝えない」という方向に向かうのか?



10:06:56 | nokuto | 1 comment | TrackBacks

08 March

ハイライトをとばさず、シャドーをつぶさず。

11

仕事柄、「写真」をそのように扱うことが身に付いてしまっている。DTPの進行では、それが鉄則であるし、ハンドリング如何でコントロールも容易い。

が、銀塩では作品によっては、時には「つぶす勇気、とばす度胸」が必要となってくるだろう。

が、ついつい日和って、あっちへ行ったりこっちへ行ったりと、紙を無駄にしてしまうのであった。

自分のネガ、他の人が焼いたらどーなるのだろう。

09:36:53 | nokuto | 3 comments | TrackBacks

06 March

久々に写真集

mixi経由で、オーダーをいただく。

どこかの知らない誰かに褒められるのは、嬉しい。

そろそろ内容を変えたいと思うが、スキャンニングのわずらわしさから、ついつい着手できない。

いっそ、印画紙で作ろうかな。

00:27:09 | nokuto | No comments | TrackBacks